30代女性の落ち込んだ時に聴く曲リスト

音楽

こんばんは。

私が落ち込んだ時聴いている曲を

共有したいと思います。

何かあった訳じゃなく落ち込むことがわりとあります。

1アーティスト1曲で選びました。

布団から出られない人のイラスト(女性)

 

①ポルノグラフィティの憂色

中学生の頃からポルノが好きです。

疲れたときについ口ずさんでしまうのが憂色。

『おしかえす悲しみの中 キミは無口な魚のようで』

と口ずさんで

あれ、この曲なんだっけ?となるのが

いつものパターンです。

 

②aikoの飛行機

 

aikoも中学生の頃から好きです。

『目の前が見えなくなったなら 思い切って目を閉じればいい』

からのサビの部分を思い出して

今まで何度目を閉じてきたことか。

失恋曲なんですけどね。

その部分の歌詞に励まされて生きています。

 

③宇多田ヒカルのBeautiful World

 

この曲が収録されたアルバムを大学生の頃よく聴いていて

『どんなことでもやってみて損をしたって少し経験値上がる』

という歌詞がとにかく好きです。

 

 

④ゆずの雨と泪

私は自分の高校時代を暗黒期と呼んでいるのですが、

何があった訳でなく高校時代辛かったのです。

毎晩なにかが不安で泣いていました。

そんな時期に聴いていた思い出の曲その1です。

『そんなに泣かなくていいんだ』

と歌われながら、泣くことを許されている気持ちになる曲です。

 

⑤Mr.childrenのCANDY

 

暗黒期の高校時代によく聴いていた曲その2です。

失恋曲ですが

失恋していない時に聴く失恋曲ほど

落ち着くものはないと思っています。

失恋したときは失恋曲を聴けないタイプの人間です。

 



 

 

⑥B’zのHOME

 

暗黒期の高校時代によく聴いていた曲その3です。

自分のHOMEを見つけたかったんでしょうね。

これはけっこう明るい曲調ですが

暗黒期に聴いていたからか落ち込んでいるとき聴いても

スーッと入ってきてくれます。

 

 

⑦大塚愛のプラネタリウム

暗黒期の高校時代によく聴いていた曲その4です。

こちらも失恋曲ですね。

部屋の中から夜空を見上げながらよく聴いていました。

ドラマ花より男子で有名です。

 

 

⑧SUPERBEAVERの一人で生きていたならば

今年Youtubeのオススメで出てきて

見た目からして激しい感じなんだろうと思って

怖いもの見たさで再生したら

日本語のまっすぐな歌詞で衝撃を受けました。

落ち着く歌声のぶーやんです。

Youtubeで出会ってすぐにたまたま聴いたラジオに

生出演していて

勝手に縁を感じて他にも聴くようになりました。

東京リベンジャーズの主題歌をするほど

有名な方々とは知りませんでしたね。

 

 

⑨酸欠少女さユりのミカヅキ

昔ショッピングしていた場所で流れていて

独特な歌声が気になって

その場で歌詞で検索して辿り着いた曲です。

今回紹介した曲の中では激しく感じるかもしれませんが

病んでるときに染みる歌詞です。

ダメダメな自分だけどそんな自分をまだ諦めたくはない

そんな感じの曲です。

 

 

⑩スピッツの正夢

『ずっとまともじゃないってわかってる』

わかっていますとも。

心地よくて優しくてなんだか泣きたくなる曲です。

 



 

 

⑪槇原敬之の優しい歌が歌えない

 

心の中を見透かされたかのような歌詞なんです。

落ち込んでいるときに聴くと心当たりがあり過ぎて

涙が出てきちゃいますが

浄化されたような気持になる曲です。

 

 

⑫森山直太朗の生きとし生ける物へ

そうさ僕は人間じゃない。

 

⑬BTSのCrystalSnow 

日本語曲です。

みんな日本語が上手なんですよ。

最近韓国語勉強し始めましたが

韓国語って日本語のザ行がないんですって。

だから「ごじゃいます」になるんですって。

そういうのを知るのも面白いですよね。

信じてほしい迎えに行くよsomedayというラストにずっと待ってるから・・・

という気持ちにならざるを得ない1曲です。

 

⑭AAAのone more tomorrow

男メンバーだけの曲です。

失恋曲とは違う感じはしますが

落ち着いた曲調で

メンバーの綺麗な声と日高さんの優しめのラップが

堪能できます。

 

⑮SKY-HIのフリージア

絶望の気分でも仕事には行かなければなりません。

そんな日の出勤ソングはたいていフリージアから始まります。

なんならエンドレスフリージアのときもあります。

『どうせいつかお迎えが来るまでの暇つぶしが続くだけ』

 

 



 

 

番外編:私の世界

TOKIOの長瀬君が出ていたドラマで有名な曲です。

他人に過干渉されると精神が死んでいくので

そういうときに無心で聴き続けます。

「だからお願い 関わらないで そっとしといてくださいな」

この曲を聴き続けたら、相当人間関係に疲れていると判断できます。

 



 

太陽の光が気持ち悪い。

ずっと夜でいい。

ずっと眠り続けていたい。

意識があるのが辛い。

息がしにくい。

とにかく辛い。

寒い。

頭が痛い。

顔の感覚もおかしい。

 

 

やっと10月が終わりますね。

数年前から10月に辛くなることが多くて

特に意識している訳ではないんだけど

やたら調子悪い

あぁ10月だもんなぁって思うようになりました。

 

まぁ10月が過ぎたからと言って

調子が良くなるわけでもなく

寒い季節はひたすら辛いですね。

なにもかも早く終わればいいという

気持ちになります。

大丈夫です、一時的なものです。

落ち込んで復活してのスパンが

冬は短くなるだけです。

訳もなく悲しいし。

 

悲しいと言えば

私の行きたい場所リストの一つである

星の王子様ミュージアムが閉園するそうで。

閉園するまでに行きたいけど

コロナを言い訳に

行けないだろうなぁと思います。

関東はなんとなくハードルが高いんですよね。

 

 

寒くなって調子悪いのは

あなただけじゃないよ。

ここにも冬眠したい人間がいますよ

ということをお伝えしたかったです。

毎日特大ため息を吐き出して

辛い辛いと喚いています。

なんとか生きていきましょう。

 

暗黒期に聴いていた曲は

暗黒期を過ぎても自分の支えとなる

ということが分かりましたね。

ではまた!

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代一人暮らしへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
 

ブログランキング・にほんブログ村へ

I wish your happiness🍀

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました