20代で得た知見『結局心の奥底の望みは無視できない』

日記

こんばんは。

ツイッターって見てるの楽しいけど

クソリプとんでるのを見ると

こっちまでイラっとします。笑

それに対して丁寧にコメントしているツイ主見ると

そんなの放っとけと思ってしまいます。

 

 

最近読んだ本からお気に入りの言葉を。

 

『なにを言っても、なにをやっても、槍は飛んでくる。

クソリプは飛んでくる。

ですので、我々が言うべき台詞はたった一つです。

うるせぇ、黙ってろ。

私は私の好きなように生きる。おまえもおまえの好きなように生きて死ね。』

20代で得た知見/F/P232

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

20代で得た知見 [ F ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2022/11/1時点)

 

↑他にも面白い文章があるのでおすすめです。

面白くてすぐに2回目読んでしまいました。

 

 

現実では訳わかんない人とか話通じない人でも

対応しないといけないじゃないですか。

仕事で何言ってるか意味分かりませんと

電話を切る訳にもいかないし

目の前の話通じない人に

黙って座ってろと言って無視することはできない。

 

ネット世界でわざわざそんな人の対応する必要ないと

思うんですよ。

理解しあう必要もないし、給料もらえないし。

 

 

今でも覚えているのが

昔書いていたブログで

靴下が薄くなったので捨てたと書いたら

「世界には靴下を履けなくて困っている人がいる。

今すぐゴミ箱から拾ってください」

とコメントがついたことです。

 

何言ってんのこいつ?と思って

削除しました。

靴下捨てたって書いている人全員に

そのコメントしに行けよと思いましたね。

 

 

私が20代で得た知見はなんだろうか。

結局自分の心の奥底の望みは無視できない

ということでしょうか。

 



 

 

私の場合は20代での転機は2つあって

①長年付き合った人と別れたこと

②地元を離れて何もない状態で見知らぬ土地に引っ越したこと

です。

 

 

①長年付き合った人と別れたこと

 

一生独身でもいいと思って別れましたが

本当にその道を辿るとは思いませんでしたね。笑

 

 

②地元を離れて何もない状態で見知らぬ土地に引っ越したこと

家にいることも仕事も辛くなってしまって

仕事を辞めて県外に出てきました。

元々仕事を決めてから引っ越すつもりでしたが

いろいろあって

仕事を辞めて1ヶ月後くらいには引っ越しました。

これで正解だったんだと思います。

貯金100万くらい全部一気に吹っ飛びましたけどね。

 

 

大学時代一人暮らしをした後に

実家に戻りましたが

また一人暮らししたい、でもお金がないという感じで

踏ん切りがつきませんでした。

 

あの頃の自分から見たら

ちゃんと一人暮らしできるくらい働けていて

えらいな自分と思います。

 

私が家を出たのは20代後半でしたし

友人にはその年で何も決めずに家出るとか

若者かよと笑われました。

20代は若者でしょうよ。

 

 

ま、こんな感じで30代楽しく気楽にやってます。

自由は手にしていますからね。

ではまた!

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代一人暮らしへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
 

ブログランキング・にほんブログ村へ

I wish your happiness🍀

コメント

タイトルとURLをコピーしました