明るい夜に出かけて

読書

最近は暗くなるのが早くなって

気分が落ち込むというか

余計夜に出かける気が起きない日々です。

『あーあ、人間って、

面倒くせえな。

俺は人間をやりたくないよ。』

p201

という訳で、

佐藤多佳子さんの

『明るい夜に出かけて』の紹介です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明るい夜に出かけて (新潮文庫) [ 佐藤 多佳子 ]
価格:781円(税込、送料無料) (2021/11/17時点)

 

 

あらすじ↓

富山は、ある事件がもとで心を閉ざし、

大学を休学して海の側の街で

コンビニバイトをしながら

一人暮らしを始めた。

バイトリーダーで

ネットの「歌い手」の鹿沢、

同じラジオ好きの

風変わりな少女佐古田、

ワケありの旧友永川と交流するうちに、

色を失った世界が蘇っていく。

実在の深夜ラジオ番組を織り込み、

夜の中で彷徨う若者たちの

孤独と繋がりを暖かく描いた

青春小説の傑作。

山本周五郎賞受賞作。

 

 

こんな人におすすめ

☆人間って面倒くさい、人生に疲れている人

☆ラジオ好きな人

☆人に触られるのが苦手な人

 

 

ブログに書くってことは

私にとっていい本だった

ってことなんですけどね。

 

主人公の富山が

人に触られるのが苦手なんですよ。

私もそういうタイプなので

気持ちわかるなぁって。

 

そういうことを書いてる小説だとは

知らなかったので

同じような人いるんだなぁって

なんか安心しました。

 

人に触られるの嫌だって言うと、

慣れないとダメだって

すごく触ってくる人とかいるんですけど

人が嫌だって言うことをやってくるのは

いじめじゃないかい?

 

接客で手が触れ合うのとかもだいぶ嫌。

人の体温を感じるのが少し気持ち悪い。

 

『自分が正しいなんて

意味ねえんだなって、

つくづく思ったよ。

通用しない相手がいる。

だけど、自分の心を守る

最後の砦は、やっぱりそこだ。

俺は俺が正しいと

思ったことをやる。

その信念。その意地。』

p292

仕事で関わる相手がそんな感じだと

本当にストレスにやられる。

心身を壊されても

職場は責任取ってくれないからね。

早々に私は逃げます(笑)

 

色を失った世界が蘇る、

という小説を読むと

人に傷つけられて色を失っても、

人との関りで色を取り戻すんですよね。

 

それは自分の経験上もそう。

もう人が怖い、人間嫌い、

人と関わりたくないと思っても

人との関わりで回復する。

 

今の時代はそれがネット上でも

行われるから

大変な一面もあるんだけど

 

解説の朝井リョウさんの

言葉を借りると

 

『この小説は、現代だからこそ

受け得る傷を描きながら、

懐古主義に逃げず、

現代だからこそ生まれる

傷の癒し方、

そして新たな光さえも

提示してくれている』

P402

のです。

解説の朝井リョウさんの文章で

気に入ったのが

 

『私は著者の作品の

表紙を開くときいつも、

人生から滲み出る

ほのかな光を閉じ込めた

宝箱の蓋を

開けるような気持ちになる』

という文章。

 

5回くらい繰り返し読み返しました。

とても素敵な表現だなぁと思います。

 

世界に心を閉ざすことがあっても

きっと大丈夫。

まぁ今自分自身が閉ざしかけているので

自分へ宛てて言っています(笑)

 

なんの影響を受けた言葉なのか

思い出せないけど

昔から好きな言葉なんですよ。

『人の気持ちは良くも悪くも変わる』

って。

 

 

山本周五郎賞って

『ゴールデンスランバー』や

『ふがいない僕は空を見た』が

賞をもらっているんですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴールデンスランバー (新潮文庫 新潮文庫) [ 伊坂 幸太郎 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2021/11/17時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ふがいない僕は空を見た (新潮文庫) [ 窪美澄 ]
価格:605円(税込、送料無料) (2021/11/17時点)

 

 

ゴールデンスランバーは

映画観に行ったなぁ。

堺雅人さん好き。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴールデンスランバー [ 堺雅人 ]
価格:1515円(税込、送料無料) (2021/11/17時点)

 

 

 

寺地はるなさんの

『夜が暗いとはかぎらない』

も2020年の候補作でした。

夜が暗いとはかぎらない

大人になるほど臆病になる気がする
読み終わってしまいましたー!!! 寺地はるなさんの『夜が暗いとはかぎらない』を読みました。 寺地はるなさんの作品って 一つ一つ大事に読みたくなって 読み終わるのがもったいない気持ちになります。 13個のRead More...

 

こういう〇〇賞の作品って

全制覇してみたいとか思いますよね。

・・・やってみるか!

ではまた!

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました