最近読んだお気に入りの本3選

読書

私は基本的に小説は一度読んだら手放す派です。

同じものを読み返すより

新しい作品を読みたいし

収納スペースが限られているので

そんなに本を手元に置けないということもあります。

なので読み終わった本は売りに出すのですが

最近読んだ本の中で3冊は

手元に残すことにしたので紹介したいと思います。

生きているとまぁいろんなことがあるんですけど

生き苦しいときとか、不安なときとか

憂鬱な夜にそっと寄り添ってくれる3冊だなぁと思います。

 

 

①大人は泣かないと思っていた/寺地はるな

 

 

まず、タイトルから惹かれますよね。

私が自分の描いていた大人になれていないのでなおさら。

連作短編集って好きなんです。

人は人と繋がって生きているんだっていうのを感じられるから。

 

今ね、寺地はるなさんのこちらを読んでます↓

 

『夜が暗いとはかぎらない』って

これまたそそられるタイトルです。笑

 

 

②木曜日にはココアを/青山美智子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

木曜日にはココアを (宝島社文庫) [ 青山美智子 ]
価格:704円(税込、送料無料) (2021/9/4時点)

 

 

これは初出勤前夜の

めちゃくちゃ不安な夜に読んだ思い出の1冊。

これまた短編集なので読みやすく

本を読むと眠くなっちゃう家族に貸したら

いい本だった、すぐ読み終わったと言われた1冊。

続編が出るらしいので気になります↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

月曜日の抹茶カフェ [ 青山 美智子 ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/9/4時点)

 

 

③日日是好日/森下典子

 

 

私はとにかく第十章のこのままでよい、ということ

が好きなんですよ。

お茶は習っていないけどすっごく分かるなぁこの気持ち

という章なんです。

こういうのが本のいいところで

自分と同じ気持ちの人がいるんだということが

一人じゃないんだよと言われているようで

心強いんですよね。

 

という感じで私の小さな本棚に

残る本が増えましたとさ。

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

5つ星 オススメ本! 本ブログ・テーマ
5つ星 オススメ本!

コメント

タイトルとURLをコピーしました