【読書】フランス人は10着しか服を持たない・フランスマダムに憧れを抱く

シンプルライフ

数年前に流行ったこの1冊。

私の読むタイミングは今だったみたいです。

 

 

 

本書を読んで

『持っているものを喜んで使うこと』

とのことで手持ちコスメを確認してみました。

 



 

持っているものを喜んで使うこと(訳:手持ちコスメを並べてみた)前編

持っているものを喜んで使うこと(訳:手持ちコスメを並べてみた)前編
30代女性、一人暮らし、読書好きなぴよぐぅが読んだ本の影響を受けて手持ちコスメを把握してみました。ほとんどプチプラコスメで、底見えコスメもあります。持っているものを喜んで使うこと。

 

持っているものを喜んで使うこと(訳:手持ちコスメを並べてみた)後編

持っているものを喜んで使うこと(訳:手持ちコスメを並べてみた)後編
30代女性、一人暮らし、読書好きなぴよぐぅが読んだ本の影響を受けて手持ちコスメを把握してみました。ほとんどプチプラコスメで、底見えコスメもあります。持っているものを喜んで使うこと。

 

コスメはしばらく買うのやめようか。

お金がない時ほど物が欲しくなるんですよね。

物に満たされて安心したくなる。

 

 

ネットで顔も知らない誰かのこれは買うべき!

買わなきゃ損!に振り回される。

やめようね、私。

 

 

 

『食べながら歩くなんてあり得ない!』

 

を読んで、休日出かけた際にカフェでランチをしました。

 

私は一人で出かけるときに

外食がもったいないと思ってしまうところがあります。

 

歩きながらカロリーメイトを食べるのが常だったのですが

まぁカフェでランチすることを自分に許してもいいのじゃないか

と思ったのですよ、はい。

 

仕事の昼休憩で抜けて出かけるときは時間がないので

おにぎりやパンを食べながら歩いたりしていました。

 

友達に話したら引かれたので

私の感覚がどこかでずれてしまったんだなぁと思います。

 

知らない人たちの目は気にならないんですよね。

どうせ誰も私のこと気に留めないでしょ?って。

でも本書を読んでからはしていませんよ。

 



 

『10着のワードローブで身軽になる』

私は服がたくさんあるけれど

実生活では10着で着回しているようなものです。

 

仕事用には3着のニットと1着のカーディガン、

3着の黒パンツで過ごしています。

今の仕事は私服だから、その他の服全部捨てたところで

特に困らない気はしています。

 

 

『イケてない服は一着も持たない』

この世にたくさんある中から自分で選んで買ったはずなのに

どうしてイケてない服が手元にあるのか。

 

最近の私の失敗例はGUで買ったメンズの

600円くらいのSサイズのニットです。

色が気に入って試着もちゃんとして買ったのだけど

実際着て過ごしてみると首の詰まりが気になります。

Uネックなんだけど結局サイズがきついのでしょう。

 

私はタートルネックなど首にくっつく服が苦手です。

首が痒くなってくるし、息苦しい感じがします。

 

安さにつられがちだから本当もう辞めましょう。

(もう何度も言っている)

 

逆に成功例もあります。

ずっと気になっていたニットを通販で買いました。

私としては服は3000円を超すと高い方です。

でもそれを着ていると気分がいいのです。

そういう服を私はこれから選んでいかなければいけないと考えています。

実際着ても安さにつられて買いがちなので

私は通販で吟味して買う方がもしかしたら合っているのかもしれないです。

 

 

『女らしさの決め手は姿勢』

全く自慢になりませんが私は姿勢が悪いです。

最近はデスクワークで肩が痛すぎるので

いろいろストレッチをしていて

それで姿勢が改善されていないかなぁと

淡い期待を抱いています。笑

 



 

『いちばん良い持ち物をふだん使いにする』

分かるよ、ジェニファー。

穴が開くほど着たものの方が柔らかくなって着やすいよね。

私も太もも裏に大きく穴のあいたスパッツを

グッバイすることにします。

新しいものはちゃんと買ってあるのにね。

つい履いちゃうんだよね。

もし外で履いたらおパンツ丸見えなくらい大きな穴なのに。笑

 

 

『散らかっているのはシックじゃない』

もう30年生きているから分かるのです。

出したら元に戻すこと。

誰かがいるとできるのに一人だとどうせ明日も使うからと

化粧品とか出しっぱなしで・・・ねぇ。

 

 

『情熱を持って生きる』

情熱という言葉には縁遠い私ですが

多くの人が単調な日々の繰り返しが生きていること

みたいなもので

そんな中でブーブー言わずにいる人が

素敵な人なんだよなぁと

昨日仕事中になんだかぼんやり考えていました。笑

 



 

フランスの暮らし、素晴らしいなと思いました。

日本だって元々はフランス寄りなんじゃないのかな?

今はだいぶ失われてしまったかもしれないけど。

改めて日本の文化を学んでみたくなりました。

もったいない精神とかおもてなしとかいろいろあるでしょう。

 

まずは形から日本人の心を取り戻せということで

黒髪にしました!

高校生ぶりでは?

とても違和感があります!笑

 

まぁ本当の理由は、私は高校卒業後からずっと髪を染めていて

白髪が20代前半から(社会人になってから)出てきたんです。

やはり年々増えてきていて

自分の地毛でもう一度過ごしたいなぁと思いまして。

 

まぁ白髪を気にしなければずっと地毛でい続けるのは可能ですけれども。

自分の髪全部が地毛に戻るまではこのままでいたいなぁ。

絶対染めたくなるけど!笑

すでにピンクベージュとか金髪にしたいです。笑

 

欲しいものは溢れているし、憧れる人はたくさんいるし

人間ないものねだりするように仕組まれていると思いますが

足るを知るの精神でいかなければと思いますね。

 

昔はみんなが持っているものは嫌

私は私だけのお気に入りを見つけたい

と思っていた気がします。

 

いつからみんなが持っているものを自分も持っていなきゃ

に変わったのでしょう。

 

誰かの意見に振り回されず

自分の心に従っていいと思うんですよ。

 



 

TOKIOも雨傘という曲で歌っているんですよ

『恐いことは流されること

五官が有るだろ なにより頼れば良いのに』って。

 

私は五官より直感はですけどね。

犯罪と自殺以外はみんな自分の好きなように生きればいいし

生きれればいいなと思います。

 

日本人の心を取り戻せと言ったくせに

私もブラウス+スカートでフランスマダム風の装いに憧れます。

こんな感じ?

 

 

 

自分のイメージしているフランスマダムの服が

出てこない(笑)

脱カジュアルでいきたいし、スカートやワンピースがイメージの女に

なりたい所存です。

 

続編も読みたいと思います!

 

 

 

 

ではまた!

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代一人暮らしへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
 

ブログランキング・にほんブログ村へ

I wish your happiness🍀



コメント

タイトルとURLをコピーしました