どうせ死ぬのになぜ生きるのか

読書

タイトルに惹かれて購入しましたが

読んでみたらなんか思っていたのと違うな感があって

放置していました。

この本はサブタイトルが割と重要で

『晴れやかな日々を送るための仏教心理学講義』

なのです。

そう、仏教心理学講義

ここ重要ポイント。

仏教のお話なのです。

で、私は仏教は特に興味ないんだよなぁと思い

読み進められなかったのですが

ある動画を観て少し仏教に興味を持ち

再度読んでみました。

本って読むタイミングがあるもんですね。

うつ伏せで本を読む人のイラスト(女性)

まぁ読まないものはずっと読まないんだけど。

本を読んだ中で興味を持ったのが

『親友の安克昌(彼は後に優秀な精神科医となりますが、若くしてこの世を去ることになります)』

という本筋とは関係ない部分でして。

調べてみたらNHKのドラマ

『心の傷を癒すということ』のモデルになった方だそうで。

チャンネルをまわしていて柄本佑がドラマ出てる!

と思ったものの

私は震災とか戦争とかそういう話が苦手なので

観ませんでした。

観ておけばよかったなぁ。

映画化もされていて、年内に観てみたいなぁと思っています。

仏教に興味ないと書いたものの

昔我が家にはシッタカブッタシリーズがあったなぁと

なんだか思い出しました。

懐かしい・・・。

ブックオフに探しに行こうっと!

ではまた!

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました